SAB(科学顧問委員会):アリアンナ・カルーギ

carughi

アリアンナ・カルーギ

Ph.D.、認定臨床栄養士、栄養学
スタンフォード大学特別研究員

sab logo

カルーギ博士は、バサー・カレッジにて生物学/生態学、及び環境保護学の学士号を取得。その後コロンビア大学にて人体栄養学修士号を、カリフォルニア大学バークレー校にて栄養学の博士号を取得しました。

さらにスタンフォード大学の名誉委員の称号を、アメリカ栄養大学から認定栄養士(C.N.S.)の資格を与えられています。国際教育協会の奨学金を獲得したのをはじめ、スタンフォード大学ナイザー特別研究員の資格、国立保険研究所(NIH)より実験栄養学の研究助成金等の数々の栄誉を獲得しています。科学誌に掲載されたり、学会で発表された博士の研究は数知れません。

現在、コロンビア大学、UCLAバークレー校、及びスタンフォード大学の栄養生化学における研究員として、成長と発達における栄養の役割について中心に研究を進めています。英語、スペイン語、イタリア語に堪能で、世界の科学界に造詣が深く、科学研究の本来の目的は人々の人生を向上させる変化をもたらす可能性のある製品を開発することであるという強い信念のもとに、多岐にわたる研究活動を展開しています。