SAB(科学顧問委員会):ラズロ P. ソモジ

somogyi

ラズロ P. ソモジ

Ph.D.、食品工学、栄養学

sab logo

ソモジ博士は、食品科学のコンサルティングの専門家であり、カリフォルニア大学デービス校の食品化学・栄養学部産業顧問委員会のメンバーでもあります。

博士はハンガリーのブダペストにある農業科学大学に学び、ニュージャージー州のラトガース大学にて修士号と博士号を修めました。 その後カリフォルニア大学デービス校で研究員として勤務しました。

30年間食品業界において様々な職を歴任し、SRIインターナショナル(前スタンフォード研究所)の上級食品科学者を務めました。 製品開発、飲食物、内容成分と食品添加物、野菜や果物の加工・利用における生物学の専門家です。

50以上の科学論文を著しているほか、多数の食品工学についてのテキストブックの編さんと監修をしています。 食品科学と栄養評価評議委員会で活躍し、米国食品医薬品局(FDA)の研究プロジェクトに参加しました。

博士は食品技術者協会(IFT)の名誉委員であり、同会の北カリフォルニア支部の会長と特別会員にも認定されています。 また、アメリカ穀物化学者、米国油脂化学者学会のメンバーでもあります。